工業用石油製品全般、各種機械工具、測定器具、切削工具、工作機械、etc...

MENU

コラムCOLUMN

工業用潤滑油は取り扱いメーカー・種類が豊富な【西野田商事】でお求めを~ベースオイルの分け方は成分と粘度(SAEやISOが定める規格)~

工業用潤滑油は種類が豊富な【西野田商事】へお問い合わせを

工業用潤滑油は種類が豊富な【西野田商事】へお問い合わせを

工業用潤滑油をお探しでしたら、あらゆるメーカーの製品を取り扱っております【西野田商事】までお問い合わせ下さい。

油圧作動油・減速機油・グリースなど取り扱い製品数が豊富で、他社にはない提案力を強みとしております。

「日本のものづくりを支えるエンジニアを支えたい」という思いを持ち、信用・信頼・安心を得られるようご対応させていただきます。工業用潤滑油についてご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

潤滑油のベースオイルは成分と粘度(SAEやISOが定める規格)で分けられる

潤滑油のベースオイルは成分と粘度(SAEやISOが定める規格)で分けられる

潤滑油のベース油はベースオイルまたは基油と呼ばれ、潤滑油の原料として用いられます。鉱油系と非鉱油系に分けられ、潤滑油に使用されているのが鉱油系です。

鉱油系ベースオイルは、原油からガソリン・灯油を作るときに得ることができて、成分によってパラフィン系・ナフテン系に大別することができます。

炭素量の配分や平均分子中の環数を数値化して求める環分析(n‐d‐M法)において、%CPが50以上はパラフィン系、%CNが30~45はナフテン系です。また、ベースオイルは粘度によっても分けられます。

ベースオイルの粘度は、SAEとISOといった2種類の規格が使用されており、適正な粘度を有することが重要です。粘度指数は数値で表され、数値が小さいと低く大きいと高くなります。

工業用潤滑油のことなら多数のメーカーを取り扱う【西野田商事】

工業用潤滑油を取り扱う【西野田商事】では、多数の製品から用途に合わせてお選びいただけます。工業用潤滑油は機械によって使用いただけるものが違いますので、機械指定の粘度などをお確かめの上お買い求め下さい。

各社取り扱いの製品についてご質問などございましたら、丁寧にわかりやすくお答えいたします。ご質問やご相談は、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい。

お役立ちコラム

工業用潤滑油をお求めなら【西野田商事】

会社名 株式会社 西野田商事
住所 [本社]大阪市西区立売堀6丁目7-43-616
[営業本部]大阪市福島区海老江7-6-4
      野田阪神機械工具街
電話 06-7161-4933
URL http://www.nishinodashoukai.com/